KSQことKaori ShaQueda。
横浜市在住。
文字を綴ることを好み、ときにギターを弾き歌い、かと思うとトライアスロン(短距離の)に挑戦したり、ハイキングに勤しんだり、はたまた猫なみによく眠ったりもする。
2015年第一子出産。
新たなステージへ突入したので、このブログは2014年いっぱいの記録をもって凍結かな…と考えている。
一人。息子一人。猫三匹。ギター三本。

詳しくは、Author Profileで。

Table of Contents:
Monologue
Phototheque
Musique
Tumblelog
ネコト


<< お伊勢道中 Part 2: 二見浦編 | main | 深まる秋への第一歩 >>


お伊勢道中 Part 3: 内宮編
アルバムへの扉写真「神嘗祭の参進」 このアルバムに含まれる要素:伊勢神宮、内宮、神嘗祭、参進、おはらい町、おかげ横丁、猿田彦神社、赤福、すし久、コロッケ

see more...




コメント
何度見ても清々しい気持ちになるのは日本人のアイデンティティーよね。
内宮編、楽しみに待ってました。
やっぱり普通のお宮とは違いますね。
「風日祈宮」なんて名前も古式ゆかしいわ(笑)
それに五十鈴川御手洗なんて、神話を読んでるみたい!
こころなしか、スのお顔も畏まってるようにみえて(笑)
平安時代にタイムスリップした感じもしました。
まさに聖域よね。

伊勢音頭のパレードにも遭遇とは、ラッキーでしたね。
ママは赤福本店が気になりました。赤福大好き!
新嘗祭限定の松坂牛のすき焼き膳にも出会えるなんて、お2人は運が良いわよね。思い立ったが吉日って言葉、本当よねぇ・・・とスライドショー見ながら思った事でした。
| もりママ | 2011/10/31 10:26 AM |
TO:ママ
「風日祈宮」はとても美しい場所にありましたよ。
いずれの宮も簡素で古式の小さな建物ですのに、自然の中にあって活き活きとしていて美しかったです。
都内の庭園や神社仏閣などにある池やお堀はいずれもなんだかどんよりと濁っていることが多いのに、伊勢神宮においてはどの川も池もせせらぎもとても清らかで、それが不思議でさえありました。

神宮を散歩して撮影して伊勢エビを食べられればそれでヨシ、という欲無しの旅でしたが、いろいろと遭遇できてほんとラッキーでした。

赤福は、関西方面のお土産、という認識しかなかったのですが、伊勢のお土産だったとは行ってみて知りました。ぜんざいやおしるこなんて甘過ぎて、1口、2口しか食べられない私ですが、赤福ぜんざいはペロっと完食できましてビックリのおいしさでした。お店の横で腰掛けてのんびり食べられるのもまたよかったです。
| KSQ | 2011/10/31 9:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://phototheque.questceque.jp/trackback/935777
トラックバック